ネットの誹謗中傷で傷つかないために心がけましょう

誹謗中傷している本人は無神経なだけ

インターネットが普及してから毎日のように行われている誹謗中傷。自分がターゲットになったら見知らぬ誰かに見えないところで誹謗中傷されていると思うと怖いですよね。あなたに気づいてほしくてアクションを起こす人思いますが、ストレスを発散するために適当に誹謗中傷している人もいます。ネットの誹謗中傷している人は、された本人がどれぐらい傷つくかということを全く考えていない無神経な人です。そんな人が書いているネット誹謗中傷を真に受けたら心が痛むだけです。

あなた自身が材料を渡さないことが大切

SNSが普及したことにより、身に覚えのないことで攻撃対象になってしまう可能性があります。攻撃対象にならないためにもあなた自身が誹謗中傷に使えるような材料を出さないことが大切です。例えばママ友の場合は許可なくお子さんの写真をアップロードしたりしていませんか。その他にも共通の知人のことで悪口を書いたりしていないでしょうか。ほんの少しのことでも相手にとっては不快に思う場合があるので、自分の行動一つ一つを見直してみて、画像や個人情報が無断で使われないように自分自身で気をつけることも大切です。

どうしてもネットの誹謗中傷が止まない場合

どうしてもネットの誹謗中傷が止まない場合、自分が攻撃対象になっていることを知ってしまうから傷つくのです。傷つかないようにするにはネット誹謗中傷の内容を見ないことが1番です。ストレスを発散しているだけと言う気持ちでいることが大切です。ネットの誹謗中傷する人は人の気持ちがわからないかわいそうな人です。その人のためにあなたが傷つく事はありません。またプライバシーの侵害により何か被害が出た場合は警察で相談してみるのも良いでしょう。

逆SEOとは検索エンジンで上位表示させたくないサイトの検索順位を下げることで、一定料金や実際の結果に応じて成果報酬払いが選べます。