他のどんな仮想通貨とも違う!?ビットコイン特有の3大メリットとは

ビットコインは枚数が限られているんです

他のいかなる電子マネーや仮想通貨にもないビットコイン特有のメリットは、発行枚数が最大2100万枚に制限されていることです。中央銀行が発行している日本円やドルなどは、刷ろうと思えば幾らでも刷れてしまいますから、場合によっては深刻なインフレが生じてしまいますよね?ですがビットコインは上限が決まっているので、そのようなインフレリスクとはほぼ無縁なんですよ。管理者がいないことはデメリットのように思われますが、あらかじめ発行上限が定められていることで、その価値は担保されています。

ネット環境さえあれば何処へでも一瞬で送金できます

もうひとつのビットコイン固有のメリットは、圧倒的な送金性能の高さです。アドレスを指定するだけで、世界の何処にいる誰に対しても、一瞬で送金できてしまうんですよ。このアドレスは銀行の口座番号に近いものですが厳密には違います。何故なら銀行口座のように国や地域に紐付けされていないからです。また、ビットコインの送金において手数料はほとんど発生しません。1円相当のコインを送金する場合でも、1億円相当のコインを送金する場合でも基本的に手数料はほぼゼロです。この送金性能の高さは他の電子マネーなどでは考えられないメリットだと言えるでしょう。

ビットコインを潰すことは誰にもできません

ビットコインのシステムは、P2Pネットワークによって成立しています。P2Pネットワークとは世界中のパソコンを繋げることで成り立っている仮想空間のこと。つまり、ビットコインを地上から葬り去るためには世界中のパソコンを一度に破壊しなければならないんですよ。こんな真似は米国大統領のような権力者であっても不可能です。P2Pネットワークで維持されていることのメリットは他にもあります。お互いがデータを監視している仕組みなので、複製をすることは事実上不可能です。全ての取引データもネットワーク上に置かれているので、誰でも閲覧可能です。誰にも壊すことはできず、しかも誰でもその全てを知ることができる。この事実がビットコインの信頼性と魅力を支えていると言っても過言ではないでしょう。

ビットコインとは、インターネット上を漂っている仮想通貨のことです。電子マネーとは違って管理者が存在しておらず、誰でもその取引全てを知ることが出来る非常にオープンな存在です。