電話応対研修は新人の時に行うだけではありません

新入社員研修時における電話応対

新入社員研修のカリキュラムに必ず入っているのが電話応対です。これは社会人としてのマナーの一つでもあります。この研修では、学生から社会人のスタートであるため、学生同士で会話をしてきた言葉を正すことから始めなければなりません。繰り返しの訓練が必要で、基本用語を知識として教え、それを発生させるものです。日常会話として話せるまで行うものです。次に、会社にかかってきた電話を新人が最初に取ることを教えます。電話は誰がかけてくるか分からず、取れば仕事が中断してしまうからです。

入社後の電話応対フォロー研修

電話は声だけなので姿かたちが相手に分からない、と思っていた大間違いです。実際に合って面談をするよりも、電話の方が相手の気持ちがわかることがあるのです。良く受話器を持ったまま、電話に何度もおじぎをする姿を見かけることがあります。誠心誠意は受話器を持つ相手に伝わるものです。新人は受話器を取り、第一声を発することに慣れなければなりませんが、3ヶ月も経てばこのことにも慣れてきます。この時に行う電話マナーの研修は、体験をしているので効果が上がります。

プロを招いての電話研修

大きな会社では社内に電話が何十本も取り付けられています。そのために代表電話を設置して、外部からの問い合わせに対応をしています。不特定多数の人に対して対応しなければなりません。対応の仕方では、会社に大きな損害をもたらすこともあるのです。このような部署をあずかる社員にはプロを招いて電話研修を行うこともあります。スチュワーデスとしてキャリアを持った人たちが、長年の経験をもとに実践を行ってくれます。トラブルが起きた時の対応などは経験した者でなければ分からないものです。

社員研修は、ビジネスマナーの習得、専門スキルの向上、社員のモチベーションアップなどを目的として行われます。